2017.11.27

深呼吸しよう。

悩んでいることが増えてきたのでこうして日報書いている。 しばらく何も書いていないので日報とは何だという具合だけど、まぁ日報だよ。

何者にもなりたくない症候群のエントリを見て、自分はそのままこれなんだなと思う節があった。 俯瞰して人類を見守りつつ、一つ上の次元で暮らしていきたい気持ちが強かった。 だいたい大学入って少しした頃からこう思うようになってきて、今は結構極まってきている。 自我がないとか、コミュ障とか、恥ずかしがり屋ってわけじゃなくて、言葉を借りるなら

「自分の主観的意見」ですら客観視しだして、「これはくだらない、取るに足らないものだ」と思うようになり、いずれ黙るようになっていく。

がほとんどの場合に当てはまる。自分自身が取るに足らない存在で、特に目立った人間でもないので、黙っていても”事”は進んでいくとどっかで思っている。 自分に自信があるとかないとかではなくて、こう、自分に感情移入できないので、人生がゲームしている感覚に近い。 何かパラメータ獲得を目標にして手を動かしたり、洋服で着飾れば見栄えは良いじゃんと思えたり、自分に主体性が無いって言うと一番それっぽいのかな。 自分自身がただのアバターでしかない。

昔から上記のみたいな状態を「モラトリアム人間」と言うこともあるらしい。 大人にも子供にもなりきれないモラトリアムに囚われて、安定しないふわふわした人生で悩んでいる人を指す。 これを認知したときも、書籍やインターネットでどう抜け出せば成熟できるのかを調べて実践しようとしか思えなくて、深く自分で思考しようと思う気力が無かった。 まぁ、今も無い。何かを考えて、自分なりの答えと言い訳を見つけて、納得して生きていけるようになればそこがゴールな気がするんだけどね。何すればいいんだろう。

誰かの何かになってみたら変わるのかなーって思っていたけど、自分の中では大して変化は無かった。 ただ、相談や悩みを漠然と壁打ちしたりできるようになったのは少し前進だったので、そういう意味では良かった。 けど、そうした結果この「何者にもなりたくない症候群」らしきものを自覚してしまい、もっと意味不明な状態になってしまった。

このまま成長するのは嫌だなぁ。メタっぽいことだけ考えて自己だけを認識して、自我を成熟させないまま終わるとか、人生つまらなさそう。