2017.09.19

進路が決まった。進学ができることになった。決まってしまってから思ったけど、今までつきまとっていた何らかの不安は進路がほとんどだったらしく、冷静に状況を整理してみると大変気が楽になっていた。とはいえ、やらなければならないことの絶対量は変わっていないので生活は何も変化していない。研究は段階を踏んで進めていたのでなんとなく成果が出そうな気がしていて、9月中にはある程度まとまったところまで達することができそうである。ただ、飽きてしまっている部分があって、他に楽しいことがあるとそっちを優先して進めている気がする。ダメでは…。アルバイトはこう、気合と日進月歩フェイズに入っているのでやっていくことでやっていけるから気は重くない。というか生活している上でバイト先のコードのこと考える癖辞めたいんだけどどうすればいいんだろう。

知識の絶対量が足りない感をひしひしと感じていて、最近「うわ、全然スキル足りないじゃん」という気持ちになることが多かった。たぶん今ボス部屋が出て来るとセーブのタイミング悪くて詰むとかそういう状況である。来月にボスはいるんだけど。どうしよ。で、多芸は無芸とか、器用貧乏とか言うけど、広い基礎知識って人生を終えるころには誰でも概ね身に付いているもんだと思うんだよね。なので早い内に大成させておくことに損は無くて、むしろ順風満帆な人生歩むには欲しくなるものだと思っている(動機の言い訳っぽい)。精神的に安定して生活できる段階に入ってきているのできちんとやること明確にして、扱える段階で倒していきたい。

インターンの参加記とか、技術フォローみたいな記事はメインに来週くらいで書きます。書かなければいけない気がする。