2017.07.30

これを書き終える頃には日付を跨いでいる気がする。

最近はSWoPPに参加したりバイトへ行くことによってインプットがキャパを超え始めて、そうするとだいたいブラウザのタブを自分で管理することができなくなってくる。今まではその場で新規に興味のある”言葉”を見つけると、だいたいGoogleの検索上位記事をはてぶしてメモっていた。そこまではいいんだけど、あとで見返すと「どんな文脈でこのページをブックマークしたんだっけ」とか「あの時ブックマークしたけど今はもういいや」という気持ちが湧いてきて消してしまうことが多い。あとは適当に周辺知識を読むだけ読んでお終いみたいなのがほとんどだ。体感的には1, 2割くらい知りたい欲が消えて逃げていく感じがする。

自分は知りたいことにプラスして知識の最大化をするために少しでも必要なことは吸収しようと頑張っているけど、上記みたいな状態になると意味がなくなって自己嫌悪状態になる。こう、書いてみたはいいけど結論も何もなくて、特殊な知識に特化した人間にはなりたくない思いと、知識の流入先を捌けなくなっているという気持ちが葛藤しているってのを言いたかった。

昔(僕は体感したことないけど)と違って黙っていても情報は入ってくるし、消化する時間も集中していないと新しい情報が頭に入ってくる。社会問題とか言われてることが我が身に起こっているのかなぁなど。ちょっと真面目に考えてみると、インプット少ないときほど何かアウトプットしないとという焦りで雑なものを作り始めている気がする。そしてだいたい飽きて途中で投げ出している。ふむ。インプットをする行為とアウトプットをする行為を一緒くたにしてみればいいのか?

「何か調べる→kibelaに書き出す→抽出してブログにオープンする」くらいのサイクルをもっと丁寧に考えて行動してみるか。インプット増えても取捨選択をするのではなく綺麗にフローを作って流せばできないことはないだろう。


研究は孤独だと色んな人は言うけど、本当に孤独なわけではないだろうよ。ゼミやら発表やらで近い興味分野の人々で議論をしたりすることはできるし、研究室などに属しているならある程度周りの人にわかるように資料を仕上げれば興味を持ってくれるでしょう。

えっと、「孤独じゃない」と言いたいんではなくて、孤独なので厳しいということを言いたかった。逆の内容になってしまったのは筆が走ったという言い訳にしておく。研究できる環境に身をおいて、周りに親しい興味を持った人がいても自分で全てを、何もかも進めないといけない状況ってのが辛いんだ。別に代行してほしいわけではないし、そりゃ1人でもやるよ。楽しいもん。ただ、研究の会話をする人が周りにいないってのがこう、難しいんだ。

何書いても同じような内容になる気がする。

井の中の蛙大海を知らず を脱して大海をもがきながら進んできたと思ったら、井の中に放り込まれた状況なのは本当に辛い。卑屈でもなんでもないけど僕よりも何か分野に精通している人がもっと周りにほしい。”議論”をしたい。